日記ブログ、または雑多なメモ
2001年4月4日

 今やっておかないと、二度と手をつけないような気がするので・・・とりあえず、CCIIのポートと筐体加工終了





4日(水)  今やっておかないと、二度と手をつけないような気がするので・・・とりあえず、CCIIのポートと筐体加工終了。 一応、ロジックボード引き出せます。


 キューブこねぇぞ・・・どうなってんだっ!!!
・・・・・・って書いてるところにキューブ到着しました。

 同時に購入したメモリはショップがつけておいてくれたようだ(総搭載量832Mb。 乗せすぎ)。 人によっては勝手につけんな、ゴルァ・・・というところなんだろうが、私はぐうたらなのでオッケーだ。 一応、シャシーを取り出して各カードの差込の緩みなどを調べてみた。 確かに電源のカードはゆるめだ。 ちょっとだけ抜けていたので、差し込んでおいた。
 モールドライン(ウェルドライン)とやらは確かに入っているが、じぇんじぇん気にならない。  その後、とりあえずソフトウェアのセットアップ(OSは9.04)をして以前の環境を復活。 恐れていた不具合は今のところないようだ。 1,2週間たってみないとわからないだろう。


 で、実際触って思ったこと。

<いい所>
・速い、小さい、可愛い
・すっげー静かだ
・CDのスロットローディングが思ったより使いやすい

<悪いところ>
・筐体がきれいすぎて取り扱いに困る
・スピーカーの線、短すぎ
・汚れ吸着しまくりな材質(とりあえずAURIでコーティング)


 ボディ上部にタッチスイッチがあるのだが、システム駆動時はランプがついてスリープに入るとランプがフワンフワンと点滅。 これがかなりサイバーでかっこいいさ。 ボタンじゃないスイッチってのもすごいわ・・・

 いやあ、しかし。 まともに動けばこんなに好いマシンはない!(ばく)

 で、今の今まで、OS9.1へのアップデートとDVDドライブのファームウェア、Cube本体のファームウェアのアップデートを行っていた。 無事終了っす。 ファームウェアをアップデートするには9.1をいれていないといけないので、9.1アップデート(English International)をかまそうとしたのだが、「ランゲージキットをご使用の方は9.1アップデートCDからインストールしてください」と、はじかれてしまった。 詐欺だ。 仕方がなく、ながながと手動で小細工を施し9.1へアップデートした。 (ファームウェアアップデート後に9.04に戻すのであればランゲージキットを抜いておいて、9.1アップデートをかければすむ。 新ファームウェアバージョンで9.04が動くのなら、の話だけど。 )

 ファームウェアアップデートをするとしょぼいメモリをはじくようになる、ということだったのでなるべくならしないほうがいいなぁ〜と思っていたが(512Mbのメモリをはじかれちゃったら泣くに泣けない)・・・ファームウェアアップデートの説明には、「劇的にシステムのスタビリティが上がります」とか、「安定します」、とか書いてあってそれじゃあ、アップデートしないとむちゃむちゃ不安定ということじゃないの?と、思いますわな(笑)。 まあ、運に恵まれたかアップデート後もメモリはすべて認識された。

 しかし。 D○-夢の店員は「US版キューブです」、とか言っていたが(ホームページには英語版と書かれている)このCubeは英国版ではないか(別にかまわないけど)。



コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp