日記ブログ、または雑多なメモ
2005年2月11日

ひさびさに根っ子部分なライブラリfont...





 ひさびさに根っ子部分なライブラリfontconfig2やらfreetype2やらQTやらをアップデートしてみた。 freetype2は今までヒンティングなしでずっと使っていたのだが、今回いくつかパッチをいれた上でヒンティングありにしてみた。 若干ぼけぼけだったのがくっきりになって特にBoldがかなり見やすくなった模様。 入れたのはfreetype2-2.1.9、fontconfig2- 2.2.3。
 入れたパッチは、 (freetype-2.1.8)
xft hackパッチ

Momongaから拾ってきたcjkパッチ
(fontconfig-2.2.3)
やはりMomongaから拾ってきたjpパッチ
などなど。
../../diary/pic/ft2-1.gif

ヒンティングあり
../../diary/pic/ft2-2.gif

ヒンティング無し

一見ほとんど差がないけどもヒンティング無しはじーっと見てるとやはり少々目が疲れる感じ。 「書」とか「戻」のような字の見栄えをどう取るかにもよるが、ヒンティングありの方が今のところみやすいっぽい気分。



 QTはimmoduleパッチをqt-3.3.4にあててコンパイルしたのだが、肝心のimmoduleのところで理由はよくわからないが2回ほどエラーが出て止まった。

1回目はgetenvなんて知りません、と出たので該当ソースに
#include <stdlib.h>
を入れたら進んだ。
2回目はstdにlower_boundなんてありません、と出たので同じく該当ソースに
#include <stdlib.h>
include <iostream>
include <vector>
include <list>
include <algorithm>
sing namespace std;
/pre> などを入れたらコンパイルできた。



 うわーん、バレンタインデーな絵のネタがうかばーん


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp