日記ブログ、または雑多なメモ
2007年6月13日

HPET force detect fo...





13日(水) HPET force detect for ICH4-M

 ICH4ではHPETは使えない、と思っていたらICH4-Mでは使えるらしく無理やり認識パッチなんちゅうものがあった。 さっそくkernel(2.6.21)にパッチを当て再起動したが、RTCモジュールの読み込みのところで刺さる。 モジュールにしているのが悪いようで、組み込みにしたら無事起動。 たまたまフェイルセイフのXオンリーの起動だったので、試しにpowertopを動かしてみたところC3が99%、wake-up/秒の数が10いくつ、消費電力10Wと出た。 こりゃ効き目ばっちり。
 で、通常使用のデスクトップに切り替えてみたところC3は80-90%、wake-up/秒は200いくつ、消費電力は10W、と前回と代わり映えしなくなった。 まあ、消費電力的にはできうるところまで下がったであろう。 ここまで来るとあとはskype、amsn、kdedなどのアプリケーション次第と思われる。 X60sの7Wに及ばんのがクヤシイ。

 IPW2100が、時々勝手にC2にしてくれる件。 上のHPETオンで、もしかしたら関連して直ってるといいナ。 それはともかくHPETを入れる前に試したのが「IPW2100がダメなら別のWLANを入れてみるべし」ということで、WPC54Gを差して試してみた。 久しぶりにndiswrapperでwlan0をアップしてみたがC3への入り具合は50%、消費電力12W-13Wとほぼ通常の消費で省電力になっていない。 というわけで却下。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp