日記ブログ、または雑多なメモ
2007年12月3日

続・RAWの倍率色収差補正 「Digik...





3日(月) 続・RAWの倍率色収差補正

 「DigikamとD40 JPEG出しが自動色収差補正してる」というのは、どうも勘違いな気がして、もう一度確かめる。 もすこしわかりやすい写真の部分サイズ50%で比較。 レンズはNikkor 20/2.8単 1/640秒 f5.6、夕方。
../../diary/pic/test-ca4-b.jpg

../../diary/pic/test-ca5.jpg

 木の左右に赤と青が滲んで見えてるのが倍率色収差。 Digikam、D40直出しともに普通に(というか異常に) 色収差が出ている。 やはり早とちりだった。 この作業をやってて思ったがそもそも、お古ノートの液晶でシビアな現像をするには限界がある気もする。

 ちなみにAF 20/2.8だと結構出る倍率色収差だが、AF 35-70/3.3-4.5ではまったくといっていいほど出ない。 画角の問題なんスかね? その代わりというわけでもないが、軸上色収差がすさまじいけど。 それなりに写りの良いズームは一本欲しい気もするが、良いズームはみんなバカでかいのがいかんともしがたし。


../../diary/pic/pic07120500.jpg
Nikkor 35-70/3.3-4.5 Nikon D40
iso800 1/10sec f9 MF RAW
+1.76EV
 みかん@補色、現像し直し版。 淡い。 淡いのう、35-70ミリ。 あえて、味として楽しむ。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp