日記ブログ、または雑多なメモ
2008年1月28日

AF20/2.8の売却、PCカードのSD...





 AF20/2.8の売却、PCカードのSDカードアダプタ、マウスの購入などもろもろの用達で京都へ出向く。

 20/2.8は予想価格より少々低めの値段が出たが、うなずける額ではあったのでそのまま売却。 今までありがとう、AF20/2.8。

 ものごっつく安いPanasonicのPCカードアダプタがあったので購入。
../../diary/pic/pic08012901.jpg
 が、しかし。 Linuxではこの分野の装置はドライバがまだあやしくて(あやしいのは自分の知識であった)、SDカードを認識するところまでいかない。 惜しい。 引き続き調査すべし。

 この間買った、ロジテックのクソたれマウスがあまりに持ちにくくて嫌気がさしたのと、親父どののマウスが壊れたのとで新しいマウスを買うことにしたのであるが、かなり悩んだ。 再び1〜2000円台のそれなりのマウスを買うか、5000円台の持ちやすいがごつくて見た目は少々いまいちなBuffaloマウスを買うか、1万円のかわいいわりには手にばっちりフィットするMS Mobile Mouse 8000というのにするか。 これからおそらく長期間お世話になる装置だけに、ここで妥協しても仕方がない。 ちゅうことで「マウスに1万も出すとはおろかな」と自ら思いつつMSマウスを選択。
../../diary/pic/pic08012900.jpg
 MSにしてはホントにカワイイ。 無線で軽くてコンパクトで持ちやすく、レシーバもUSBメモリ程度の大きさでかさばらず、すべて付属の入れ物に収めることができる。 レシーバは1GBのUSBメモリとしても使えるのだが、これは余計なお世話性能ではある。 ちなみにLinuxでは挿すと普通に認識した。
 Bluetoothマウスでもあるので、Bluetoothを搭載していれば(充電時以外は)レシーバすらいらなくなるのだが、自分のX31は未搭載なので残念ながら体験できず。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp