日記ブログ、または雑多なメモ
2008年2月12日

glibc-2.7 / gcc-4.2.3





 なんだかgccの挙動が怪しいので、gccのビルドし直しと,ついでに以前諦めていたglibc-2.7(fedora-dev)へのアップデートを同時にしてみた。 するとやはり、gtk2系の大物アプリ関連が起動しなくなったり、konquerorでなぜかWEBブラウジングができなくなったりと、めたくそになった。
 2.7から互換性がなくなったのか?と最初は思ったが、そんなはずぁない。 そんなこんな考えつつ/libの中をよく見てみると、ld-linux.so.2がlib-2.6.soとかいうファイルにリンクされているのを発見。 これは前も見たぞ。 たしかfedoraパッケージのglibcをやっつけパッチ自前インストールしたときにできる。 ともあれ、lib-2.6.soを削除してリンクをld-2.7.90.soに貼り換えたらすっきり快調になった。 安心安心。
 考えてみると、gccの挙動が変だったのはこれのせいだったのだろか。 前回のglibcインストールは慎重にやったつもりだったのだがなぁ。


 仕事先関連で「社内連絡用に使えるような便利掲示板を用意できまへんか」と聞かれたので、PHP-BB ver.3を置いてみたところ「使いにくい」と一蹴された。 (私が)楽で便利なのに。 「2ch風程度でなおかつファイルアップロードができて板ごとに認証付きだったらおk」とかいわれても、そんな都合の良いものがphpでそうあるわけもなく。 perlではあるかもしれないが、cgiは面倒なので触りたくないし。 そういえばアップローダ付き掲示板は自作ですでに作っていたので「それを改造して作った方が早い」といって作ることにしたのだが、よく考えたら自作のはcgi-perlだった。
 ということでほぼまるっぽイチから作ることにした。 こういうものはだいたい1年か2年置きにしか触らないので、二重投稿抑制がどうこうとかセキュリティがどうこうとかいう肝心なところを思い出すのに時間がかかる。 あらかた組んでしまってから何度も組み直すはめになったが、なんとか完成。 設定ファイルを複製していけば勝手に板を作ってくれるようにしたので、なかなかベンリーである。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp