日記ブログ、または雑多なメモ
2008年3月4日

あらためてシステムをバックアップ squashfs / afio





 zen-sourceのkernelに戻してみたが、とりあえず壊れないところをみるとぶっとびかけた直接的な原因は別にあったようだ。 外部ディスクをマウントしてあるルートをうっかりバインドせずに、そのまま外部ディスクにまるまるコピーしようとしたときにI/Oエラーが出まくったのだが、それが引き金になったのかも。

 せっかくだからzen-sourceに入っているsquashfsでシステムをバックアップ。 squashfsは3.3でlzma付き。 しかし、いざやってみると恐ろしく挙動不審。 なぜかバックアップ元を破壊したり(バックアップ先には保存されている)、バックアップ先のファイルが壊れていたり、途中で止まったり(3.2-rc2、またはcvs版だと止まらないらしい)などで安心して使えそうもない。 bindで別マウントしてるとはいえ、稼働中のシステムをライブにバックアップしてるからダメなのだろか?
 ext3に戻すと普通に動くっぽいのでzen-sources HEADのext4devの問題の模様。

 というわけで結局、

mount --bind / /mnt/hd
cd /mnt/hd
find . -print | afio -ovZ -L /media/disk/system-backup.log /media/disk/system-backup.afz


 と普通にafioでバックアップ。 でもafioってしばらくすると、すぐ使い方を忘れるので結局触らなくなる。 メモっておこう。

 追加バックアップ
find . -cnewer /media/disk/system-backup.log | \
afio -ovZ -L /media/disk/system-backup.log /media/disk/system-backup.afz


 一部を取り出したいとき
afio -ivZy home/xiao_woo/Desktop/* /media/disk/system-backup.afz

 全部取り出し
afio -ivZ /media/disk/system-backup.afz

 便利だ。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp