日記ブログ、または雑多なメモ
2008年6月11日

バックアップHDD整備





../../diary/pic/pic08061101.jpg hfs +だけだとWindowsで使えない外部ディスクということになってしまうので、ntfsパーティションも作成することに。 OSX側ではntfsまぜこぜパーティションマップを作れないので、X31/Linuxのfdiskでパーティションを作成。 Linux側でhfsフォーマットするのにhfsplus-toolsをfedora-devから拾ってきてビルド/インストール、mkfs.hfsplusでフォーマット。 でもってntfsもmkfs。 OSX側につなぐとちゃんと認識して作業完了。

OSXシステムサーバまるごと+レスキュー関係バックアップ10GB
hfs+バックアップ/移送用パーティション30GB
ntfsバックアップ/移送用パーティション30GB

 という構成にしておいた。

 しかし……Cubeが320GBドライブ、X31が120GBドライブで合わせて440GB。 一方、バックアップドライブは80GBで実質空いているのが60GB。 極端にバランスを欠いてて何をしたいんですかという状態ではある。 まあ、ウンビャクGBもバックアップしたところで、そのような大量のデータをうまく管理する能力がないのは(私的に)実証されているので、こんなもんでしょう。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp