日記ブログ、または雑多なメモ
2008年8月31日

TP X300 with Compiz &Xorg





 Xorg-7.3純正+intel純正ドライバだとcompiz上のVMwareの描画がカナーリかったるく、結局VMwareで絵を描くときだけcompizを切るというお粗末な状況だったのであるが、いろいろ試してみたところUbuntu intrepidのxserver-1.4.99系を入れると解決した。 EXAアクセラレーションでかつ、

Option "MigrationHeuristic" "greedy"

 のオプションを入れて使用するとXAAよりも速く快適に、VMwareもストレスなく動く。 ubuntuのintelサポートはなかなかよさげである。 kernel は2.6.27-rc5-zen1。


 今のところ、CPUの発熱が若干多めなのは、ダイナミックFSBスイッチが動いていないせい? 200MHz固定で動いている気がする。 100MHzに落ちるようになればかなり熱も下がると思うんだが。 lshwの負荷でFSBがあがってしまっているだけかもしれないが、どうなんだろう。 未だにサポートされてないというのもなさそうだし、うむー。

bash-3.1# lshw -class cpu
  *-cpu                  
       description: CPU
       product: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     L7100  @ 1.20GHz
       vendor: Intel Corp.
       physical id: 6
       bus info: cpu@0
       version: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     L7100  @ 1.20GHz
       slot: None
       size: 800MHz
       capacity: 800MHz
       width: 64 bits
       clock: 200MHz
       capabilities: fpu fpu_exception wp vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx x86-64 constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good pni monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr lahf_lm ida cpufreq



コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp