日記ブログ、または雑多なメモ
1999年3月26日

ULTRASCSIハードディスク一式が届いた





26日(金)  ULTRASCSIハードディスク一式が届いた。 わーいっ!

早速取り付ける。

HDが認識されない。

 フォーマッタソフトを疑い、SCSIカードを疑い、HD本体を疑い、ケーブルを疑い、OSを疑い、電源ケースを疑い、……
というのを何十回も繰り返した結果、結局HDを認識しない。 一度内部コネクタから繋ぐと認識したのだが、その後外部コネクタでもう一度挑戦したところやはり動かず、もう一度内部コネクタでやり直すと内部でも動かなくなるという事態になった。

 気分はもう、「○神商会にクレーム付けてやるっ!!」……といっても、SCSIカードはほぼ、ほとんどのHDの動作を保証してるしマックとの相性も問題ないという事実がある。 と言うことは私がどこかで愚かなまねをしたに違いない、と作業開始から10時間後くらいに思いつく。

「ふっ……まさか、な」

と思いながらもカード側の外部コネクタを見る。 ……穴が一個つぶれている。 ケーブル側のコネクタを見る。 ……一個のピンが一つ隣に入るくらいに曲がって隣のピンは奥まっている。

 どうやら、いきなり初めっからコネクタをつぶしていたらしい。 潰れた穴をキリで広げてコネクタのピンを直して接続。 立ち上げると……

認識した。

外部で認識せず内部で認識した、というのはつまり

 ・外部コネクタをいきなりつぶす。 →無事な内部コネクタで認識する。 →また外部で無理矢理コネクタを接続してケーブルのコネクタをつぶす。 →内部でも認識しなくなる。

という流れだったようだ。 あぁ……はじかしい
皆さんもULTRAWIDEのコネクタの扱いには注意しましょう。 私だけか。


 とうとう、マックの内部HDも空になり……さらに安定化するに違いない。 肝心のスピードだが、体感速度1.8倍から2倍はある。 今までが遅すぎたとも言う。 フォトショップでのスクラッチディスクとしての速度感もかなりのもんだ。 下手するとメモリよりちょっと遅いくらいくらいかも。
 ただ、8Gb増えたわけなのだが、内部2Gbを殺したから結局6Gbしか増えてない。 ので、早い内にもう一台買おうと思う。


 いやあ、快適。 もう充分だす。 (ほんまか)
  


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp