日記ブログ、または雑多なメモ
2005年2月1日

Linux版のskype1.0が出ました...





 Linux版のskype1.0が出ましたな。 ところで大幅改善と思った遅延問題だが、やっぱりまだ怪しい模様。

kernel 2.6.10(+acpi patch) & IDE hotswap working
 近頃のLinux@X31の構成でホットドッキング/アンドッキング時のサスペンドで固まるようになり、なんでじゃろと調べているうちに/proc/ideの下にide1(ウルトラベースのドライブ)が存在するかしないかが重要らしい事に気づいた。 (おそ
 ibm-acpiのドキュメントではその部分の操作にhdparm付属のidectlを使いなさいという記述があるのだが、その肝心のブツがまったく動く気配がないので、放置した上すっかり忘れていた。 一方、debian sargeに入っているhotswapというのを使うと動くという話も見たので、早速拾ってきて入れてみたところちゃんと動きましたがな。 ide1を消したり戻したりできるようになった(ただしkernelにacパッチが入っているとダメっぽい)。
 こりゃもしかして問答無用でドッキング/アンドッキングできるようになったかのか?と、ドッキング状態、単独状態双方でドッキングを試したところちゃんと動いた。 すばらしい。 ただ、唯一問題あるのがhotswap後のDVDドライブの挙動が少々おばか(アクセスするとなぜか常にフル回転、 DVD を見ようとするともたつく、データのやりとりなどは問題なし)になるところ。 これさえなんとかなれば完璧なので、調べ中。
DVDを見るともたつく、は素の2.6.10だともれなく起こる模様?あうち、たまたまgrubの引数で/dev/hdcのDMAを切ってただけだった。 hotswap後にDVD再生がもたつくのはDMAが再度onになってくれないのが敗因らしい。 今のところ解決方法なし。

とりあえずアンドッキングするときは以下のようになっている
# ls /proc/ide
drivers  hda@  hdc@  ide0/  ide1/
# hotswap -c 1 unregister-ide
# ls /proc/ide
drivers  hda@  ide0/
# echo undock > /proc/acpi/ibm/dock


ドッキングするときは
# ls /proc/ide
drivers  hda@  ide0/
# echo dock > /proc/acpi/ibm/dock

# hotswap -c 1 rescan-ide
# ls /proc/ide
drivers  hda@  hdc@  ide0/  ide1/


という感じである。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp