日記ブログ、または雑多なメモ
2007年8月19日

どーにも……gtk+を2.11に上げると...





19日(日)   どーにも……gtk+を2.11に上げるとseamonkeyのcomposerが死亡するという不具合があり、上げるに上げられずずっと2.10のままだったのだが状況的にそうも言ってられなくなってきた。 のでcomposerは捨てて、その発展版であるnvuを使うことにした。 というわけで現在nvuから編集中。 なかなか正常進化な感じでよろしいかと。 パブリッシュ機能がついているので早速使おうとしたが、Hi-Hoのディレクトリ構造上ちゃんと動かない。 ……まあ、今までどおり手動でやるシカ。
 ついでに、composerが使えないならseamonkeyもお役ご免だな、ちゅうことでブラウザもfirefoxへ移行。 これで私も遅まきながらfirefoxユーザに。 と思ったがなぜかよく固まるのでseamonkeyに逆戻り。


 T60をThinkVantageのシステムアップデートでアップデート……したら無線がうんともすんともいわなくなった。 すげーアップデート。 有線ハブのそばに持ってきて有線でつなぎ、バッテリ駆動で修理し始める。 重い……XPがクソ重い……C2Dの省電力モードも遅すぎる。 ThinkVantageのシステムアップデートはAccessConnectionsの最新版がある、というので「ダウンロード」を選択するも「インストールされませんでした」などと意味不明の挙動。 何がしたいんですか。 てか、このシステムアップデート、つなぐ度に何百KBも何かを落とすか上げるか検証するかして2,30秒から1分は必ず待たされるのだが、何なんですか。 仕様ですか、そうですか。
 しかたなく、手動でダウンロードしてきてインストールするもやはり無線はうんともすんともいわず。 イライラしながらも、ふとAccsessConnectionsを使わずにXP純正の無線LAN設定部から無線を起こしてみると、動いた。 というわけでAccessConnectionsは磔の上、打ち首獄門。

 なんちゅうかね、XPもひどいウンコだがThinkVantageも同じくらいひどいウンコになりつつある。 いじりながら「こんな新型パソコンって、アリエネーッ」と心の中で叫びつづけていた本日であった。 自分でいじくり倒したLinuxで苦労したりするのは構わんけども、メーカー製OSでこの有様はほとんど拷問。 Thinkボンデージ。 だいたい、ねっとさーひんするのにPen-M1.3のX31のLinuxの方が快適てドユコト。 もしも自分の持ち物だったらさっさと(以下略……

 以上、愚痴でありもうした。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp