日記ブログ、または雑多なメモ
2007年11月3日

引き続くデジカメ祭り





3日(土)引き続くデジカメ祭り  GR Digital IIがちょうど出ているんですなぁ。 単焦点の割り切った感じがとてもよし。 像にほとんど歪みがないのがいいのだけど、一個しかないカメラが単焦点というのもやはりダメだろうなぁ。 それ以前に高くておいそれと買えなかったりもしますが。

 実のところGX100欲しいモードになっているのだが、よく考えると5万も出すならNikonの一眼ボディが買える。 手持ちのニッコールレンズも使える……と思っていたところ、調べてみるとただのAFニッコールはもはやAFとしては使えないらしい。 手ぶれ補正がダメだろうことは覚悟していたが、AFもダメなんて泣ける。 時代はすでにCPUレンズとかになっているそうである。 (遠い目

 で、もっと調べると、GX100の広角側歪みも見ようによっては結構強いのですな。 P5100の歪み補正の方が幸せか?でも広角が36ミリて……(以下ループ

 よくよく考えると、歪みはソフトなりなんなりで歪み補正をかければある程度まで直せるが、広角撮りはレンズが広角でない限り撮れないわけだから、やっぱりGX100か。 4700Zでも「バックバック……(壁にゴツン)」と広角が足りないことが多かったし。



……30分後。 いかん、なぜかGRD(または2)が欲しくなっているッ!! そういえば、安売りP5000の棚の下にあったブルーにイエローの飾りの入った妙にカラフルでださーい(黒もあったが)カメラがあったのだが、もしかしてあれがGRDだったのか。 あれも安かったような?もう一回見に行ってみようかしら。


 散歩がてら近所の電気屋へデジカメ見物へ行く。 ありがちではあるが、Ricoh製品は置いておらず。 仕方ないので広角に強そうな他社製品を色々いじってみたが、Lumix LX2というのがぼちぼちだったくらいで、あとはめぼしいものは無し。 LX2はレンズがライカだけにか、歪みは少なくて35mm換算で28mmからサポートでなかなかよし。 でも28mmなのは16:9モード時だけという謎仕様、中途半端にでかい、ズームがむちゃ遅い、フォーカスもかなり遅い、とやっぱりいまひとつ。
 そのあと、ついついNikon D40Xの展示品を触ってしまった。 久しぶりに一眼レフを操作したが……キモチイイ。 操作感覚はフィルム機と変わらないし、すっかり忘れてたが一眼レフだと別にマニュアルフォーカスでも全然平気である。 こりゃーもう、D40のボディ買って手持ちのAFニッコールはめるしかっ、と店を出て意気揚々と帰ってきたが、よく調べたら、というか思い出したというか、フィルム用のレンズは焦点距離が1.5倍相当になる。 ……50mm単玉は75mmに、35-75mmマクロは50-100mmマクロになる。 ツ、ツカエネーッ
 D40のレンズ一本付きで4-5万の場合もあるがー、レンズがなー……35mm換算で28-75mm f3.5からのふつーのレンズだしなー (当たり前だが)……そんでもって気軽に持ち運べないしなー……と、トーンダウンして今に至る。 でも眼レフを一台持ってるのも悪くないとは思う。 D40+レンズ一本とGRDの両方買えばまさにちょうどいいのだが、予算無し。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp