日記ブログ、または雑多なメモ
2005年12月29日

CPUご帰還





 CPUご帰還。 海を2度渡ったCPUとして大事にみまからせてやりましょう。
しか~あし。 やはりメモリを変えても症状変わらず。 グス(CPU 不良であった、以下打ち消し線同様) 来年またがんばりましょう。 DviatorかジャンクCube狙いで。

 悔しいので電力不足っぽいのを補うつもりで、純正VRMを活入れしてどうにかならんかとあがいてみた。 さる某氏のページを参考にまず12Vを14Vにしてみたが、かすかな発振音と共に起動して症状変わらず。 次、5Vを9Vにしてみた。 起動すると、しゅぴーーーーーとやばそうな発振音がしたがそのまま待ってみたところ、プシューーーとビデオカード(Radeon8500)の裏から発煙。 見事な発煙ぶりであった。
 取り出して見てみると裏側のQ11のチップがひび割れて死亡していた。 電圧を作るチップだろか。 試しに起動してどうなるかやってみると画面が真っ白のまま起動した。 うむふむ。 そのまま機械的にジャンクから同じチップを移植して復帰。 しばらくいじるのやめとこ。
 あとで事の顛末を自虐ネタとして親父どの(電気関係)に話してみると「そりゃおまえ、電圧上げるとしても元の1割アップまでとちゃうか」とのこと。 先に聞いておきたかったところではある。

../../diary/pic/q11.jpg
今回焼けた方



コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp