日記ブログ、または雑多なメモ
2015年11月29日

Cintiq Companion2 enhanced 導入&レビュー





 ここのところ、特に線画作業してる時にCintiq Companion1では少々解像度に不満があったので、大幅に解像度がアップしたCintiq Companion2を導入してみることに。 まだ環境移行作業中なので描き味などのレビューは次回やるとして、とりあえず筐体の出来なんかを報告。 CC1 とはどう違うのか!が興味深いところ。

Cintiq Companion2 box

 届いた箱。 手前はCC1。 enhancedにした理由は、enhancedでようやくCPUの能力がCC1と同等だから。 ヘタすると enhancedでもCC1より微妙に遅い(省電力化の影響で)かもしれない。
注:ツイッターのフォロワーさんのツイートで知ったんですが、今、公式のスペック表ではpremiumモデルもenhancedと同じ型番のi7になってます。 が、実際どうなのかよくわからず……(Amazonでのスペック表示も同じ表示なので間違いなさそう)

Cintiq Companion 厚み

重量が軽くなっているのは知っていたが、筐体が薄くなっているのは知らなかった!すっごい出来がよい。 薄くなった分、密度感もアップしたのであまり軽くなった気がしない。 見た目相応の重さといおうか。 ずんぐりしたイメージだったのがシャープになった!


Cintiq Companion2 液晶

CC1(Cintiq Companion到着)の時は速攻で剥がした保護シート。 今回は剥がさないでしばらく使ってみることにする。 ちなみに保護シートなくても傷はつきません。 CC1は1年以上毎日酷使してきましたが、ほぼキズはないです(細かいことを言えばほとんど見えないキズが2、3本ついてるけど知らない人に見せても100%気づかないレベル)。
なんで今回は剥がさないかというと、
・解像度が上がったからか、CC1の時よりギラツブ衝撃度が少ない
・つるつるだと汗を描きやすく、手脂がつきやすい
・反射で見にくい
ということが保護シートなしCC1で体感できたから。
環境移行が終わらないと書いて試せないのだが、現在微妙に環境移行失敗中(汗
「ファイル履歴」の挙動、よくわからないぜ……


Cintiq Companion2 ボタン

 CC2といえばボタンの改良!これはヒジョーに嬉しい。 CC1のボタンはクソ硬くて押しにくく、よく使うUndo/Redoは比較的押しやすいリングキーに割り当てていた。 ところがCC2では普通に押しやすい硬さになった上に数が増えたので、方向キーをそのままリングキーに割り当てることができる。 嬉しい。


 その他。
あんまり排熱しないね……という感じだったCC1の筐体に比べると、ガンガン排熱する構造に変わってます。 どうも、上の排熱口と下の排熱口と別々に機能している気がする。 まだ酷使してないのでわからないが、スペックとこの排熱パワーから言って、CC1よりは熱くならないと思われる。 その代わり、ファンの音が多少でかくなってるけど、CC1を使ってた人ならそんなに気にならない程度か。

 液晶はさすがっすねぇ……細かい。 CC1はちょっと残念な解像度でドット丸見えだったけども、CC2ではもう見えないレベル。 ここに期待してCC2を導入したので、描くときにどう影響あるか楽しみ。


ということで後日、環境移行が済んだらまた実用レポート書きます。




コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp