日記ブログ、または雑多なメモ
2001年3月10日

プラス改造に根をつめすぎたせいか、しんどい





10日(土)  プラス改造に根をつめすぎたせいか、しんどい。 (暇人)
と、いうわけでPowerMac Plusひとまず完成。
以下、写真。
PowerMac Plus (Fattest Mac)
CPU: PowerPC603e 160MHz 内部バス: 40MHz
メモリ: 16Mb(+オンボード8Mb)
スロット: PCIx1 CSIIx1 L2キャッシュx1 DIMMx2
ポート: SCSI. ADB. Printer. Modem. LINE-IN/OUT
装備品: 1.2GbHDD(IDE). FDD. 10/100BASE-T(CSII)
9inchグレースケールモニター(640x480)
OS:MacOS 7.5.1-9.1


 手前がパワープラス、奥に座っているのがカラークラシックG3。
プラスがでかいのは遠近法のせい。 部屋が汚いのは私のせい・・・今回の改造はカラクラのときと違って強引にパーツを詰め込んでいくだけだったので、技はいらないが力と工夫が必要であった。 サンダーと半田ごて大活躍。 フレームはきざみまくったものだから、ふにゃふにゃになってしまった。 筐体が頑丈だったんで良かったんだけど。 さて、あとは10/100BASETカードが来たら奥のカラクラと交代させるだけだ。 カラクラはどうしようかしら。  

 カラクラは、持ち運ぶには実は結構重い重量だったが、プラスはかなり軽い。 これぞコンパクトマック。
部品取り用のパフォーマに入っていたOSはOS7.5.1だった。 時代を感じる。 カラクラにはFastSCSIのHDDを積んでいるのだがプラスにはパフォーマのIDEをそのまま移植した。 感覚としてはIDEの方がちょびっと速いような気がする。
 ほんとはCDドライブも積みたかったが、プラスの中身があまりにもせまいので、とりあえず断念。 上から、ぴゅーっとCDのトレイが出てきたらおもしろいんだけどなーと思っていたのに。 フレームを組みなおせばなんとか積めるかもしれないが・・・多分やらないだろう。 (爆


 プラス用のCSIIイーサーカード、カラクラ用のPCIライザーの注文と一緒にPM7600用のPCIスロット用10/100BASE-Tも注文した。 これでPCマック間のファイル転送が速くなるぞっっっ、っと思っていたのだが、注文して数日後の夜、寝ているときにふと気が付いた。 PM7600のPCIスロットはすでに一杯だ。 (爆)即起きて、キャンセルのメールを出したが翌朝「発送します」メールが帰ってきた。 無残!!

 いつまでも、あいていると思うな、PCIスロット


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp