日記ブログ、または雑多なメモ
2008年9月26日

discard request その2





 btrfsへ復帰後5日目にして、やっぱり激重症状を発症。 何かする度にbtrfs_cleanerがcpuを100%食うだす。 ダミダコリャ。 nilfs2にしろbtrfsにしろ後処理のcleaner関係がどうもおかしくなる。

 ……というわけで、紆余曲折を経て現在はdiscard requestその他、対SSD系なパッチが色々と入っている、linux-2.6-block.gitのfor-2.6.28 branchなkernelを入れ、FSはXFSに戻した。 kernelバージョンは2.6.27-rc6となっている。 素kernelなのでPHC、tp-smapi、squashfs、tuxoniceを手パッチで当てた。 現時点、LinuxでSSDを使うにはこの組み合わせが最良かもしれず。

linux-2.6-block.git for-2.6.28 / XFS
Version 1.03c       ------Sequential Output------ --Sequential Input- --Random-
                    -Per Chr- --Block-- -Rewrite- -Per Chr- --Block-- --Seeks--
Machine        Size K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP  /sec %CP
x300             8G 28212  98 72906  27 42801  15 27424   98 109192  22  5196  17
                    ------Sequential Create------ --------Random Create--------
                    -Create-- --Read--- -Delete-- -Create-- --Read--- -Delete--
              files  /sec %CP  /sec %CP  /sec %CP  /sec %CP  /sec %CP  /sec %CP
                256  1564  45 291237  98  1645  15  1558  49 277585  99   696   6


 ノーマルkernelと比べると若干速度アップしている模様。
とりあえず、唯一不明だったkernel部分のSSD関係最先端をようやく見つけたようでやっと落ち着いた。 FSについてはしばらく待つしかなし。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp