日記ブログ、または雑多なメモ
2000年4月25日

珍しくまじめに仕事に取り組んでいる





25日(火)  珍しくまじめに仕事に取り組んでいる。 単に追い込まれているだけともいう。

今作もエロいです。 枚数もいやになるほど多いし。 (これが普通の数なんだけど)こいつぁ期待だぜ!
というわけで発売をお楽しみに。 次のお仕事はまだ未定であります。
 あと13cmさんの方でちょいと仕事をしました。 4枚だけ。 (笑)これもエロい。 ぜひ見ていただきたいであります。 都合がついたら直リンクを貼るのでお楽しみにん。

 陰でマック上で3Dヤンスーを作っているのだがまー、重い、不安定、ということで専用DOS/V機を組むことにした。 近日パーツがくる予定。 コッパーマイン600MHzFSB133のデュアル、PC100SDRAM512Mb、Geforce256DDR AGP4Xと今のマックから考えるとチョー速そうなスペック。 25まんえん。 OSはWin2K。 これで遅かったらウィンテルを容赦なく攻撃するぞ。 火をつけにいくかもしれない。

 マックに関してはIEを5にした。 PM7600 G3/400の方では特に操作感は変わらないがカラクラG3/240では重くなったのを感じる。 OSのアピアランスまで変える必要はないと思うんだが。 むちゃしよる・・・

 最近、またナルニア国物語を読み返していたのだが、いまだに2冊ほど歯抜け状態で持っていない。 今回はこの抜けてる分を読んでから「最後の戦い」を読むぞ!と思っていたのだが、結局買いに行く暇もなく、誘惑に負け読んでしまった。 しまったぁ〜
しかし、つくづくキリスト教な本だ。 でもかっこいい。 全部子供向け日本訳なわけだがたとえば「朝開き丸東の海へ」の洋題は「the voyage of the dawn treader」。 朝開き丸は実はドーントレーダーだったのだ。 かっこいい。 「最後の戦い」はそのまま「the last battle」。 うーん、かっこいい。 「泥足にがえもん」とかの洋名とかがどうなのか気になる・・・。
 カスピアン時代の明るさと「銀のいす」「最後の戦い」あたりの悲壮感漂うシリーズの間のコントラストの差、いいですな。 やっぱり。 壮大な物語だ。 こんな漫画を描いてみたい。


コメント欄
(投稿なし)

コメントなどありましたらこちらからどうぞ
名前
内容
 ※名前、内容ともに入力必須です
- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp