日記ブログ、または雑多なメモ
2015年11月26日

急激に冷えてきた




女主任・岸見栄子単行本発売
広告

 11月なのに暖かったのが、ようやく冬っぽくなってきましたねぇ。
さすがに「V7乗りたいぃ」と思ってもさくっと乗れる感じではなくなってきた。 オーバーパンツを買うか、冬用パンツを買うか、チャップスを買うか。 オーバーパンツはトイレが行きにくく、チャップスはトイレにも行けてなんなら着脱もできるがちょっと見た目が恥ずかしい(けど着けてみたくもある)。 冬用パンツはいかにもバイク乗り!って感じがどうなんだ、とか色々考え中。

motoguzzi V7 green

 ある日のV7ちゃん

 V7に乗ってて一番楽しいことは、エンジンをかけるときである(乗ってない)。

きゅととととととどぉんっここここここ

 セルが10回弱回るとようやくかかり、音と振動とかかった瞬間のカウンタートルクでブルンと揺れる車体がかわいい。 でも結構音がでかくて周囲は住宅街、さっさと出ないといけないのでのんびり音は聞いてられず。

 二番目に楽しいのは低速でドコドコ感じながら走るところ。
 三番目に楽しいのがコーナリング。

 V7のコーナリングは(と言っても他のバイクで飛ばしたことはないので比較できないが)、低速時はクイックに……というか何の反力もなくスパっと倒れ込む。 しかし、ある程度以上速度を出すと反力が強すぎて全然倒れない。 車体の上側にかかる慣性力がものすごーく軽くて、二輪のジャイロ効果そのままという感じである。 縦置きクランク+フロント18インチでキャンバー寝てるせいにちがいない。
 乗り始めた当初は高速時のコーナリングで全然倒れない(少なくともリーンウィズだと全然曲がらない)のでかなり怖かったのだが、慣れてくるとイン側にカラダを放り込んだままにするのが逆に楽しい。 また、倒しにくいけど、逆に戻る力が強いわけなので反対側に切り返しバンクするときがさくっと決めやすくて気持ちいいのである。

 なお、倒れにくいのは本人が58キロしかないせいもあるかもしれない。



- C'sGallery Blogっぽく見えるシステム3.2 -
小武 (管理人) eta2@tim.hi-ho.ne.jp